不動産売却

家を売る 不動産屋選び

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな金額が動く不動産取引は、家の所有者だけで行うことは難しいですから、専門家である不動産屋に仲介を依頼するのが普通です。

 

ここで高値売却につながるポイントといえば、ひとつの不動産業者に絞らず、多数の業者に物件の見積り依頼をして、実際に査定させてみることです。一回の入力で複数の不動産業者に一括で査定依頼ができるサービスを使えば手間も省け、単なる金額査定にとどまらず、営業所の力量も推測でき、自分にとって「良い業者」を見つけることができるでしょう。
住宅を売る際は契約書を交わすわけですし、さまざまな書類を揃えておかなければなりません。登記識別情報(古い物件の場合は「権利書」)、毎年4月頃に届く固定資産税納税通知書は、不動産を売却する際にはかならず必要になります。

 

 

 

更に一戸建てや土地なら測量図、所有者が転居していたら戸籍の附票など、揃えるべき書類は異なります。

 

不動産会社の方からあらかじめ提出書類については説明があるはずですから、早いうちに整えておくと、取引終了までの時間は少なくて済みます。

 

 

一戸建てやマンション等を売る場合、さまざまな経費がかかってくることを理解しておきましょう。たとえば不動産会社の媒介による売買の場合、仲介手数料が発生します。

 

もし家が3000万円で売れたとしたら103万円を不動産会社に支払う必要があります。
それから司法書士への報酬、契約書や領収証に貼る印紙代、その他書類作成費など状況次第で費用がかさみます。つまり、それらの出費を踏まえて売値を決めなければいけません。
家を売却する際は居住中かそうでないかに関わらず、売主は清潔さの維持に努めなくてはなりません。満足に掃除もできていない状態や、季節用品や不用品が放置してあるような状況では買い手もつきにくく、家の評価も下がってしまいます。廃品回収やリサイクル業者などを利用し、気づいたところから不要品の片付けを進めましょう。

 

もし費用に余裕があるのでしたら、家の片付けを行う代行業者にお願いするのも良いでしょう。

 

 

 

ネットで最近よく見かける不動産売却の一括見積りサイトを使うと、比較的簡単に、住宅が現在いくら位で売れるかの見積りを多数の不動産業者から出してもらえます。こういった不動産売却関連のサイトは加入している仲介業者から加盟料を徴収して成り立っているので、個人が売却目的で利用する分には一切費用がかからないのです。

 

家で時間のあるときに、ほんの少しの時間と手間をかけるだけで不動産各社の査定を吟味できるので、ぜひ活用したいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエウール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マンション・家・土地などの大切な不動産を優良な不動産会社に一括査定できるサイト

 

 

 

 

 

簡単60 秒で不動産の無料一括査定が可能

 

 

 

 

 

全国1400 社以上の厳選された不動産会社の中から

 

 

 

 

 

最大6 社と比較できる査定サービス

 

 

 

 

 

 

 

 

イエウール 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://ieul.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

査定の手順

 

 

@査定を依頼したい不動産情報とお客さま情報を簡単に入力 (約1分)

 

 

A一度の入力で売却実績豊富な全国の不動産業者へ一括査定依頼。各社から査定結果が届き比較ができる

 

 

B査定内容、対応などを勘案し信頼のおける不動産業者と媒介契約

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・イエイ

 

 

 

 

 

 

 

日本最大級の不動産売却専門マッチングサイト

 

 

 

 

国内主要大手はもちろんのこと、地元密着の有力不動産会社など

 

 

 

 

厳選1000社から選んで査定価格の比較ができる

 

 

 

 

 

専門知識を持った専任スタッフが常駐・スムーズに不動産の売却ができるよう

 

 

 

 

 

中立的な立場から万全のサポート

 

 

 

 

 

 

 

イエイ 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

https://sell.yeay.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産売却一括査定・マイスミEX

 

 

 

 

 

 

 

 

全国の不動産会社からそのエリアの売却査定に強い会社に最大6社まとめて査定依頼

 

 

 

 

不動産会社によって得意としている物件や、相場の見込みが違うため

 

 

 

 

査定額を比較すると、1,000万円以上も見積もり結果に差が出る場合もあり

 

 

 

 

不動産を高く売るための一括査定比較・査定依頼は簡単1分登録

 

 

 

 

 

 

 

 

マイスミEX 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://www.mysumi.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

売却しようかと思っている不動産物件が複数人の共同名義の場合、委任状を準備して売却に臨む必要があります。こうした際には、取り引きに参加する代表者に、他の全名義人が取り引きを代表者が行うことを承諾する(委任する)という意思を記した委任状を用意しなければなりません。

 

 

この委任状の効力は期限を持たないため、取り引き中にもらい直す必要はなく最初にもらったものがずっと有効であり続けます。白紙解除は、融資利用の特約等が付いた不動産売却契約時に、条件が成立しなかった場合は契約に則った約定解除権が適用されることです。買主から売主に支払われた手付金は、白紙解除が行われた場合、必ず全額返還します。大抵の場合は受け取った通りの金額を額面通りに返還するのですが、万が一、無利息での返還と契約書に書かれていないときは利息も付さなくてはいけない場合もあるため、用心しておいてください。

 

 

不動産売買契約書は課税文書に当てはまるので、印紙税がかかります。

 

契約書の記載金額によって印紙税額は異なり、下手をすると数十万円の出費にもなります。

 

その上、売主と買主の双方で契約書が作成された場合には、双方に印紙代がかかってしまいます。

 

ただし、この際の税額は先ほどとは違う金額別の基準が設定されていますので、チェックしておきましょう。所有している不動産物件を現金に換えられるというのが、家を売却する上で1番の利点となります。

 

それと、売る物件の災害保険料、貸付金の保証料は、契約した残り期間分の残金が返却されるはずです。
とはいえ、このお金は売却が完了した時に保険会社などが自主的に返金してくれるものではありませんから、手続きを自分からしなければなりません。売却が決定したときには、必ず、契約会社に連絡してください。

 

利益が生じた不動産売却については、ひょっとすると譲渡所得税の支払いが必要かもしれません。売った不動産の所有期間が5年より長い場合の譲渡所得税は、15%の所得税と5%の住民税が賦課されます。5年以下の所有期間だったのなら課税率は2倍になってしまいます。

 

 

いつ納付するかというのは、売却が行われた翌年2月16日から3月15日までの間に所得税を一括で納付し、住民税は4期に分かれているので4回に分けて支払ってください。

 

 

不動産を売ろうと考えている人はその際、必要なものとして印鑑証明と実印があげられます。

 

 

なぜかと言うと、所有権移転登記という手続きを法務局で行う時に必要なので、不動産を買う人は両方準備しなくても大丈夫です。

 

 

しかし、ローンを組むなら例外です。このケースだとローン会社に行く際、印鑑証明、それと、実印を持参しなければなりません。さらに、連帯保証人がいる場合はその連帯保証人の印鑑証明と実印もないといけません。

 

不動産を少しでも高い価格で売りたいという人は、始めにあちこちの不動産業者に査定してもらうことです。

 

 

 

査定額は業者次第で大きく変わることも日常茶飯事です。それと、おすすめなのが専任媒介契約です。

 

専任媒介と比べ一般媒介だと広告費が少なくなってしまうので、購入希望者があっさりとは見付かりません。
その上、専任媒介の場合、依頼主への定期報告をする義務が生じます。
よくある失敗として、仲介業者をいいかげんに選んでしまったせいで、物件の売却が上手くいかなかったという話も多いようです。

 

良心的な仲介業者ばかりではなく、悪徳業者もいますから注意が必要です。相場を無視した価格の査定を提示したり、買手を探す広告活動を行わなかったり、不必要なまでに広告をうって、経費という名目で多額の支払いを迫られたといったバリエーションに富んだ被害が起こっています。

 

 

 

悪質な仲介業者を選ばないためには、一括査定サイトを利用するなどして、複数の仲介業者から査定額、話した時の印象、説明などをよく吟味して選ぶようにしましょう。一般的な場合においては、不動産を売却する際には不動産会社を通しますが、自分で売ることは上手くできるのでしょうか。
実行してできないことではないものの、売買に関わる事務手続きや必要書類の作成だけでなく、買主探しや交渉などを全て個人が実行するのは大変な仕事です。

 

 

 

不動産を売るには専門的な知識が不可欠で、トラブルになるときもあります。

 

仲介手数料によって時間と労力を節約し、問題を回避するためだと割り切って、信頼できるような不動産会社を利用するのが得策でしょう。

 

 

 

不動産売却時も税金が課されますが、一番注意する必要があるのは譲渡所得税と住民税でしょう。

 

物件を売却して利益が得られた人にとって、これらは納めなければなりません。
けれども、住居だった物件の売却なら、特別控除が3000万円適用されます。

 

 

 

なお、課税方法についてもこれらの税金は所有期間次第で違いがありますので、売却の際は要チェックです。
ローンに残りがある場合だと完済しなくては、不動産の売却は不可能です。
支払い残高をゼロにできなくて、売却しか残されていないなら、有効な手段として任意売却という方法があります。

 

任意売却を扱い慣れた会社もありますから、まずは相談しに行ってみて、理解したら委託して債権者との交渉も代行してもらうというのが一番の解決策です。不動産を売りたいという時には、購入を検討している人から境界確認書を要求されることもあるのです。

 

 

 

そういったケースでは、土地境界確定測量を土地家屋調査士にお願いして、その土地の権利者が立ち会った上で測量してもらって、きちんと面積を確定してから、書類を作ります。

 

 

 

境界確認書が求められる理由は、買う予定の土地の境界線が明確になっていない不動産物件において、売地の面積を明確にしてから売値を決めるためというのもありますし、購入する土地に面した土地の権利者とのいざこざを避ける目的もあります。

 

 

 

一つの不動産に対して数人の人が名義者となっていたら、販売するにあたっては、必ず名義を有している人全ての合意の上でこれを行わなくてはなりません。共有不動産の売却にあたっては共有している名義者全員の署名と実印が求められるため、名義人の中の誰かが単独で売り渡そうとしてもできないようになっています。

 

 

他の名義人の承諾がなくても個人の持ち分に関しては売買契約を結んでも効力があるとされていますが、名義人となっている人が揃って売り渡す手はずになっています。オープンハウスとなっている物件は、売り出し中に室内も含めて見てかまわないというのがモデルハウスと異なる点です。

 

 

中古物件でまだ退去が済んでいない場合はインテリアがあるままですが、そのため「もし自分が住んだら」という想像も広がるでしょう。加えて、家と共にその界隈も歩いて回ってみれば、利用しやすそうな立地のお店のことなどライフスタイルなんかも知ることができるでしょう。
原則、不動産売却時の入金は、まずは、手付金、しばらくして、中間金、そして、最終金の三段階に分けてということがよくある流れです。

 

手付金を支払ったら、その後、一ヶ月ほど間を開けて中間金、トラブルが起きなければ三ヶ月程後に、最終金が入金されます。

 

といっても、トータル支払額の中で占める割合は大きく異なり、そのほとんどが一番最後の最終金まで支払われません。

 

初めの手付金は現金でのお支払いもなくはないのですが、普通は全部売り主が指定した銀行口座に支払うケースが大多数です。
権利書というものは、不動産売却の際に提出しなければならないため、必要になります。

 

 

 

土地登記が完了していることを表すのが権利書で、正式な名称は登記済証です。仮に紛失してしまったり、文字が読みづらくなってしまっても新しいものを発行することはできないのです。ただ、弁護士の先生、土地家屋調査士、または、司法書士の方に代理人になってもらうことで、本人確認情報提供によって対応することができます。買取や個人売買以外では、不動産の売却をする場合には、数ある中から不動産会社を選び、媒介契約をします。

 

この契約は条件が違う3種類があり、多数の制限がつくことになるのが、専属専任媒介契約なのです。不動産業者との専属専任媒介契約では、その不動産会社以外からの仲介は受けられないという決まりを守る必要があります。この専属専任媒介契約をしてしまったら、知り合いの中から購入希望者がみつかったとしても、当人たちだけの契約は制約違反にあたりますから、契約を交わした業者の仲介の上で契約することになります。

 

 

 

不動産の売却に際しては、あらかじめ周辺の物件の相場を調査しておくことが必須条件でしょう。例えば実際の不動産価値から程遠い査定をされたとしても相場を知らなければ何の疑念も持たず、大幅に不利益を被るという残念な結果につながるからです。

 

それに、目安ともなる物件相場の情報を持っておくことは交渉の時にも重宝するはずです。

 

 

可能な限り豊富に情報を集めておくといいですよ。
不動産売却では大きな額の金銭が授受されますから、なかなかに経費も必要です。まず支払いが必要なものとして不動産業者への仲介手数料がありますが、売却額が高いほどそれに伴って高額になる上、売却によって利益を得た場合は譲渡所得税を納めなければならないこともあるのです。

 

取引に用いる関連書類作成に伴う出費や印紙代も必要になります。それだけでなく、売却する物件が自宅ならば、引っ越しにかかる費用も念頭に入れておく必要があります。

 

 

代表的には、競馬や競艇での的中時の払戻金だとか、生命保険の一時金、損害保険の満期返戻金などがある、定期的に発生する収入以外の臨時的に入ってきた収入は一時所得という分類になります。

 

不動産売却でも臨時的にお金が入ってきますが、これは別の区分で譲渡所得と呼びます。

 

 

 

所得税額の算出でも一時所得と分離して計算されます。例外も多々ありますから、確定申告をしっかり行ってください。

 

所有する不動産物件を売却しようとする場合、媒介契約を不動産業者と交わすことがほとんどです。

 

その媒介契約のうちの一種類が専任媒介契約です。
どんな契約方法かというと、その物件の売却に関しては、専任媒介契約をしたところだけが仲介可能です。
でも、契約違反にならないケースもあって、不動産会社の関わりなく、売りたい人が自分のツテなどで買いたい人をみつけ、業者の仲介を入れずに交渉しても、問題にはなりません。
専属専任媒介契約ではこのケースでも契約違反になりますから、さらに制約が厳しいといえます。

 

基本的に不動産の売却を計画した場合は価格査定を不動産業者に申し込むところから始まりますが、清潔でキレイな状態に整えてから査定をしてもらうのが肝心です。

 

 

 

査定を受けるのがマンションなら尚更、キレイにしておくことでイメージアップにもつながります。あわせて、購入希望者が下見をしたがったときにも掃除をしておくことと、広い部屋に見せるためにもできるだけ不要な物は見えないところにしまっておきましょう。
とうとう不動産を売却できることになり、もう契約が成立したものの、売るのが嫌になった、別の買い手を探したくなったなどの心境や事情の変化で売却の話をなかったことにしたいなら、契約を破棄することもできます。ただし、引き換えに規定の額の違約金の支払いや、貰ってあった手付金を倍にして返さなくてはいけないので、気をつけながら契約を進めるようにしてください。
文字通りですが不動産物件は売るのが難しく、様々な費用も売却に際して発生してきます。例えば主なものとして、仲介業者への仲介手数料の支払い、不動産登記に関連する書類作成で司法書士に払う報酬、それから、譲渡税、売却する物件に住宅ローンが残っている場合は繰上げ返済費用などもかかるでしょう。仲介業者をどこにしようかという時に、なるべく仲介にかかる手数料を減らせればコストダウンの一歩になります。
不動産売却に際しての立ち退きの時期は、基本的には決定権を持つのは売却側です。
ただ、空いている状態で売りに出した方が高価買取が期待できます。

 

 

住居人がいる場合、内覧時から顧客に敬遠されても致し方ないので、不都合がない限り初期段階で退去が完了している方が好条件を生むことが多いです。誰でもお得に買物したいと思っているため、めったに一番初めに決めた値段で不動産売却ができることはなく、資金が足りないから下げてくれないかと価格交渉される取引がよくあります。
価格交渉をしてきた場合には、買主がなんのために買おうとしているのかも駆け引きに役立ちます。
もし、これから住むために買うのなら、しっかり考えた上で、買いたいと言っているでしょうから、こちらがあまり引かずに交渉をしても、売却できるケースが多いです。
仲介の不動産屋をうまく選んで不動産売却をしたいときに最優先なのは、自分が売りたい物件に長けている不動産屋かどうかです。不動産屋次第で、マンションや一戸建てなど強みを持っている分野が異なるので、不動産屋の強みと所有物件の種類が合うように選ぶことが大事です。あわせて、その不動産屋が全日本不動産協会といった団体に加わっているか否かも、任せても心配ない業者かどうかの基準として見ることができます。不動産売却を普通に行う場合の流れは、不動産会社に連絡するところからスタートします。

 

続いて、物件の価値が念入りに見積もられて査定額が提示され、そうして特定の不動産会社と媒介契約を結ぶことにします。

 

 

契約を結んだ不動産会社は宣伝活動に励み、やがて買い手が確保できたら、折り合いのつくところまで価格交渉をしてから売買契約をして、支払いが済んだら抵当権を抹消するため手続きしておき、約束の引き渡し日の前に立ち退いておきます。「不動産を売却するときはリフォームが必要」と決まっているわけではありません。

 

 

と言うより、リフォームに何百万円も費やしたとしたって、売却価格がその分よくなる確証も何もありません。

 

あえてリフォームするのであれば、特に内覧で印象を左右しそうな箇所に絞って行った方がコストを抑えられるでしょう。それから、状況に合わせて清掃をして明るく広い部屋に見えるようにすれば過剰なリフォームは不要です。

 

「一般媒介契約」がどういうものかというと、不動産物件を売却する場合に、二つ以上の業者に仲介をお願いする契約を指します。

 

専属契約に比べて、広告効果が高まったり、結局のところ、売買契約を仲介可能なのは一社ですから、他の不動産業者がまだみつけないうちに買い手をみつけて、どうにか仲介手数料を得たいと売り込んでくれたりして、予想よりも早く不動産売却が完了できることもあるでしょう。ただ、複数の不動産業者と交渉したり、連絡をしたりということが必須ですから、複数業者ではなく、一つの業者を厳選するという選択をする人もいます。